サンキュ。

 「サンキュ。」  あと1分もすれば  この静かなホ-ムに電車が入ってくる  今日も身を粉にして働く  その分きっと2人の愛は強くなっていくよ  ありがとうと言ってくれた人の数だけ  きっと2人の愛は深まっていくよ  帰り道に見える華やかなイルミネーション  そんなに落ち込むことはないぜ  明日はき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北風の向こうに

 木枯らしのその渦に巻かれ  ひとり立ち尽くしていたお前を  俺は両手を広げて  胸の中に抱きしめた  その時俺はチ-プなジャケットを  お前の身体に巻きつけ  決して離しはしないと  この胸に誓った  預けてくれ その心を  涙を流すことがあろうとも  きっと2人で訳もなく声を上げ  大空にむっかって笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PROMISE !

 秋の夜は官能的です!  春の夜よりも、夏の夜よりも。  最高を探して、新しい歌詞が書けました。  ぜひ、ご一読を! 「PROMISE !」  朝日を浴びて  誰よりも素敵な君が駆けて行く  今の君が一番キレイだよ  うんそうさ 若い頃よりもね  これからが君の人生のクライマック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NEO さよなら愛すべき日々

こんにちは。なつよんと申します。 オヤジバンド、ブ-スカR&Rバンドのボ-カルを担当しています。 2018年10月にMIKROCKと言う野外フェスで演奏するために、 以前にも投稿したことのある歌詞を、新しくしました。 20代に創って歌っていたのですが、少し歌い飽きたため、 30代にバンドを再結成した時に書き直した詞がべ-ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心の峠

混んださかばのかたすみで いちにちをわすれている   のりおくれたでんしゃのなかで なつかしいともだちにあった このえんせんのちかくのまちに おまえがくらしているときかされた 人生のこころの峠に立ちどまり おれのことをきにかけていたと 人生のこころの峠に立ちどまり ふとだれもがあるいたみちをふりかえる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のブル-ス

ひとむかしまえのせまいへやで ゆめをおいかけてくらしてきた うれないうたをうたってこれたのは おまえのささえがあったから こぼしたなみだのかずもわすれるほど ながいとしつきがすぎていった さあてをつないで夜の街を歩こう これからはおまえにわらってもらいたいよ かけがえのないそのじんせいを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中島みゆきさんの「タクシードライバー」、いいですよ。

 今年の夏に、大阪のFMCOCOLOの名物DJヒロ寺平さんの番組で、  中島みゆきさんの「タクシードライバー」という曲がかかりました。  30年以上も前に発表された曲を、50代になって初めて聞き、  とても好きになりました。    それから数か月後、タクシーに乗ったある夜の情景を  歌詞にしてみました。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロー人生

 あたらしい詞を久しぶりに書きました。  最近「ハロー人生」という魅力的なフレ-ズを  親しいひとから教えてもらい、そのフレーズを  使って書き上げました。  ご一読いただけましたら、うれしいです。  「ハロー人生」    あわただしいい日々の合間に  空を見あげてキミを想う  かなしい時もうれしい時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅立ち

 毎年この時期は、演歌・歌謡曲の作詞コンテストに応募しています。  今年はこの詞で応募いたします。  旅立ち    あなたを信じて  待ちつづけていた  窓をひらいて  心をひらいて  どんなにつらくても  待ちつづけていた  窓をひらいて  心をひらいて  やがてこの窓辺にも  青い鳥がき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月の似合うエレファントカシマシにちなんで。

デビュ-30周年を迎えたエレファントカシマシ。昨年末に宮本浩次さんが出演された、 「俺のセンセイ」というドラマも面白かったです。 エレファントカシマシには「今宵の月のように」というヒット曲もありますが、月が似合う気がします。 折しもホワイトデ-。バレンタインデーのお返しに、夜空をプレゼントしてみるのも乙なものです! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンタナの「哀愁のヨーロッパ」と冬晴れの空

 今年も遂に12月となりました。冬晴れの空を見上げるといつも思い出すのが、  サンタナの「哀愁のヨーロッパ」と「君のいた永遠(とき)」という香港映画を  思い出します。       寒い冬をあたたく過ごせるようになればいいと、冬空を見て新しい歌詞を  作りました。  ぜひ、ご一読ください。     「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピッツの「みなと」、名曲です。負けずに一曲書き上げてみました。

2016年も後半となってまいりました。 久しぶりに、新しい詞を書きました。ぜひご一読ください。 今年カムバックしたスピッツの「みなと」という歌をご存知でしょうか。 久しく会っていない懐かしい人に 勇気を出して会いに行きたくなる、そんな名曲です。   こころの港     (Happy Birthday To …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜田省吾さんの「メインストリート」を聞いていた頃に作った歌

  なかなか新しい詞が書けない中、21~22歳に書いた歌を投稿します。   ぜひ最後までご一読をお願いいたします。     当時よく聞いていたレコ-ドが浜田省吾さんの「メインストリ-ト」です。  いつもこねくりまわした感のある歌詞を僕は書いていますが、  この歌は素敵な女の子と会った後に、天王寺の駅の階段を上りながら  一瞬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧友

 いつもこの時季は歌謡曲の作詞コンテストに応募しています。  今年は旧友を想って書きました。  高校を卒業した頃、漫才師のオ-ル巨人さんの  「あんじょうやりや」という歌が好きでした。  あの頃の大阪のミナミは本当に人情深かったなあ。      旧友  あなたは不器用で  ミナミでひとりきり …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BRUCE SPRINGSTEENのTHE RIVERの世界に憧れた頃

   とにかく、意識しなくても指先とギターの指盤が的確な位地について、 正確なコードが押さえられるようになるまで、くる日もくる日も堤防の上で 弾き語りの練習をしていた。  2月の堤防の上はことのほか寒く、かじかんだ手ではまともにギターの弦を 押さえることもできなかったけど、春には演奏力が向上したことを実感した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋研さんの「懐かしの4号線」とロバ-ト・B・パ-カ-

これまでに書いてきた詞をまとめようと思います。 まずは、1984年の冬に書いたものから。 今では絶対に書けない、ストレ-トで赤面モノの内容ですが、 当時、友人たちはとても気に入ってくれました。 アルフィ-の「メリ-アン」や中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」の 作者で知られる、高橋研さんのレコ-ドを10代の頃に聞いていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 潮騒

 今年最後の作詞!ぜひ、ご一読ください。  来年もええ歳こいて、夢を追いかけるのみです!    「潮騒」  彼女とは通勤電車で知り合った  空いた下りでいつも一緒だった  次の休みに会う約束を交わし  恋人同士になった  職場の友人に祝福されて  二人は永遠の愛を誓った  どこへ行く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真世界(新世界)

 毎年、この季節には、演歌系の作詞コンテストに、応募しています。  今年はこれで、応募しようと思いますので、ご一読いただきましたら、  ぜひご感想をお願いいたします。  真世界(新世界)  目覚めの早いこの界隈に  通天閣の昼の鐘おと  張りつめた気持ちがほぐれ  しばし柔らかな陽があたる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜のエピローグ

新しい詞を書きました。 音楽仲間の皆さん、ぜひ曲をつけてください。 「夜のエピローグ」 満天の星に勇気づけられて 電話してもいつも留守番電話 今頃どこを走っているだろう きっとこの星空を見上げているはず 北から南の果てまで 行ってみたいと話していたね 子供のように瞳を輝かせて 探し物はみつかったかい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Keep On Dreaming

音楽仲間の皆様 ぜひ、曲をつけてくださいね。 ふられたのかい そんなに落ちこまないで このクラブに必要なのは せつないハートだけさ 捨ててしまおう 手にしたブランド品を 心に宝石さえあれば 何度でも生まれ変われる さあピアノに指をのせて ゆっくり弾きはじめよう ハーモニカでリードするよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more