真世界(新世界)

 毎年、この季節には、演歌系の作詞コンテストに、応募しています。
 今年はこれで、応募しようと思いますので、ご一読いただきましたら、
 ぜひご感想をお願いいたします。


 真世界(新世界)


 目覚めの早いこの界隈に
 通天閣の昼の鐘おと
 張りつめた気持ちがほぐれ
 しばし柔らかな陽があたる


 仕事あぶれの親父たちに
 安い朝めし 賄ったあとは
 町の知り合いに一見さんが
 腹を空かせてやってくる


 あゝミナミの店をたたき出され
 放り込まれたおんぼろ食堂は
 休む間もなくてんてこ舞いの
 若さだけが頼りの修業時代


 ジャンジャン横丁の劇場で
 ヤジを飛ばされケンカ漫才
 疲れ果てた若手コンビが
 しばしのお茶を飲みに来る
 

 通天閣に灯りが点り
 有線の歌が心に沁みる
 かっこええことはひとつもないが
 まことの世界がここにある


 あゝミナミの店をたたき出され
 放り込まれたおんぼろ食堂は
 休む間もなくてんてこ舞いの
 若さだけが頼りの新世界
 


 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック